2017/8/21

「課外特別プログラム」インターンシップ始まる(2017.8.21)

学生が問屋街で就業体験をするインターンシップが8月21日から始まった。
問屋街活性化委員会が産学連携事業として、今回はじめて文化服装学院より学生を受け入れたもの。
2名の学生が問屋街の商社3社で2週間にわたり就業体験をする。

インターンシップ初日のオリエンテーションは上田哲司・産学連携委員長が司会進行。まず宮入正英・問屋街活性化委員会会長が挨拶し、
「いいこと、つらいこと、何でも話し合ってほしい。皆親切に教えてくれます」と話した。
続いて相川浩・同副会長が「君たちはすばらしい資産を持っている。それはこれからの長い時間です。この時この時を大切にしてほしい」と話した。

学生2名の自己紹介、注意説明などを行い、オリエンテーションは終了。受け入れ商社へと向かった。

受け入れ商社は(株)上田嘉一朗商店日東タオル(株)、(株)トーヨー

写真上左は挨拶をする宮入会長(左)と相川副会長。
そのほかはオリエンテーションの模様。

information

Introducing Tokyo Fashion
Wholesale Town
(Yokoyamacho, Bakurocho) English 中 文

問屋街商品検索